スイスで個人旅行

日本は高齢化が進み、老人が老人の面倒をみなければならない時代になってきました。
特に女性の方は子育てが終わったと思ったら、今度は親の介護などに追われ、いつまでたってもなかなか自分自身の時間を楽しむことができません。 また男性はといえば、企業戦士といわれる激しい競争の時代に定年までずっと仕事で忙殺されてきました。 我が家もその例に漏れませんが、しかしやっとこれから二人で自由に旅行でもできるかな、と思う頃、追い討ちをかけるように、今度は自分たちにもいろいろと厄介な病気が出てくるのです。大きなお世話かも知れませんが、若い方々には仕事と遊びを両立させながら、中高年の方々には長年の奥様のご苦労に応えるため、あるいは自分自身へのご褒美に、許せる範囲で、のんびりとスイス個人旅行でもされたら、と思います。

スイスは治安も良いし(注)、電車・バス・ロープウェイ・登山鉄道などの交通網が整備され、個人で旅行をするにはもってこいの国です。しかし、大きな関心と行きたい気持ちを持ちながら、言葉が話せない、病気になったらどうしよう、電車にちゃんと乗れるだろうか、ホテルや飛行機の切符が自分で手配できない、などの理由から、個人旅行を躊躇されている方が多いとも聞いています。 もちろん旅行会社を通じてのツアーも大変楽しい旅となるでしょう。 しかし、8日間くらいで3~4箇
所を駆け足で巡るような旅では、実際のところ、スイスの良さはわかりません。

スイスでの個人旅行がご心配の方は、始めは添乗員随行のツアーに参加し、状況が大体つかめたら、感動したところを再訪問したり、ツアーでは行かれないようなところをじっくり個人旅行で訪ねてみる、ということから始めるとよいでしょう。 すべてを準備してくれるツアーは気楽で安心ですが、自分で自分の旅を設計し、それを自演するのも、新たな旅の楽しみになることでしょう。(注)最近はスイスでも、主要駅構内のみならず、電車の中などでも、スリ等が発生していますので、ご注意ください。