曇った日の、やさしい光線で・・・

山の写真を撮るためスイスへ行っている人には怒られそうな話ですが、私は、朝起きて、空を見上げ、曇っていると、 “あっ、今日は、いい写真が撮れる” とほっとします。
もちろん旅行中、毎日曇っていたり、雨ばかり降っていても困るのですが、美しい花の写真を撮るには、雲ひとつなく晴れ上がった日の光線は、好ましくないのです。
強い光線は、重なり合う花弁や葉の背後などに、コントラストの強い黒い影をたくさんつくりますので、写真が、どうしてもギラギラとして、どぎつくなってしまうからです。
それで、カンカン照りの日には、私は、あまり花の写真を撮らないようにしているのですが、珍しい花や、特別美しい花に出合ったりした場合などには、フィルターを使ったり、雨傘を広げて影をつくるなどして対処しています。
曇りの日だけでなく、雨の日や、雪の日に咲く花も、趣があって、とても素敵です。
虫のよい話ですが、高い山に登る日は、もちろん晴れることを望むのですが・・・。

雪の中に、可憐に咲く、ミュオソティス(ワスレナグサ)