スイス あの町 この町 日が暮れて|ツェルネッツ

Southeast Switzerland Section
この地は古くからヴィルデンベルク家に統治されていました。
その屋敷は、今は役所になっていますが、美しい館として残されています。
また周辺にたたずむ家々の壁には、美しいスグラフィート(壁絵)がたくさん描かれています。
    ツェルネッツの村は ウンターエンガディン地方にあり、スイス唯一の国立公園の入口になっているとともに、イタリアやオーストリアへ続く街道の分岐点とな
っています。
この村へは、チューリッヒ中央駅から列車・ICを利用して2時間
半、サン・モリッツからは50分弱で行くことができます。
ツェルマットやグリンデルワルトなどとは比べようもないほど閑散とした村ですが、数年前には 大規模な温泉施設やスポーツセンターができ、新しい名所となっています。
また観光案内所とともに、ナショナルパークセン ターがあり、スイス特有の国立公園のコンセプトや、公園内に 生息する珍しい動植物などについて、15分程度のVTRで紹介しています。
動植物の図鑑なども置いてありましたので、私も ここに拙著「スイスアルプスの花を訪ねて」と「スイスの秘境を訪ねる旅」の2冊を寄付しましたら、大変喜ばれました。次に出す本では、これを参考にして、ぜひ国立公園も紹介して欲しいといい、写真左の解説本を
いただいてしまいました。(ナショナルパークセン ターの写真掲載了解済み)
ルガノ
Lugano
シルスマリア
Sils-Maria
ダヴォス
Davos
コリッポ
Corippo
カポラーゴ
Capolago
ティーフェンカステル
Tiefencastel
~ M E N U ~
<< HOME
ツェルネッツ
Zernez
フリューエレン
Fluelen
リトム
Ritom